コインチェックで今回起きた事件

コインチェックで仮想通貨の1つであるNEMがハッキングされ、5億2000万NEM。日本円にして580億円が流出した。
ハッカーが自分のウォレット(財布)に送金する自称が発生しました。
YouTubeで実際の攻防の動画をアップされていたので貼っておきます。

NEM以外の通貨は無事残っているとのことです。
でも、コインチェックの今後によって他のコインとか預けてるお金が気になるところです。

 

コインチェック今後は?

コインチェックの現在の対応として、NEM財団の協力を得て流出した経緯と送金先を特定中。
コインチェックあずけているおかねは今後どうなるのでしょうか。

  • 新たに(IOCかなにか)で資金調達して被害者に保障。
  • NEM財団と協力しハッキングされた履歴をなかったことにする。
  • 破産手続き

仮想通貨、特にビットコインが話題になって市民権を得ようとしているこの時にこんな事件が発生することは、仮想通貨じたいの評価が下がるし、世界が仮想通貨やブロックチェーンに向いているのに逆行していきそうで残念です。
コインチェックの今後については、冷静になることが大切かと思います。
にしても、Mt.GOXに続き2件目。
日本の取引所はもう少しセキュリティーをちゃんとして欲しいとは思います。

 

まとめ

日本は現金主義の人が多いので「仮想通貨って怪しいよね!」って人多い中、2017年からやっと市民権を得ようとしていた時期に起きた事件。
確かに、取引所によって自分の資産が無くなると思うと、「怪しい」と言われても仕方無いと思います。
が!これからは仮想通貨の時代が来ます。
間違いないと思います。
今回の事件は色々な問題を提議しましたが、仮想通貨はこれから伸びると思いますので冷静にこれからの対応を見ていきましょう!