自信とは

皆さんは自信を持って日々生活できていますか?
こう質問して「はい」って答える人はなかなかいません。
特に日本人は自身のない人が多いようです。
でも、自信を付けるにはどうすれば良いか分からない人が大半ではないでしょうか。
一度色々と自信をつける方法について調べてみました。

 

自信を付けるには成功体験をかさねる事

自信を付けるには、これに限ると思います。
自身のある人の多くは、成功体験を積み重ねています。
そして成功の数が多ければ多いほど自身に繋がっていきます。
自信がつくと失敗しても気にならなくなります。
では、多くの成功体験をするにはどうすれば良いのでしょうか?

すぐやる!(悩む時間がもったいない!)

やろうとした事はすぐにやった方が良いです。
悩むことに時間をかけても大して変わりません。
やって失敗してことは自分の中で消化できます。
失敗しなくても、何もしなければ後悔が一生残ります。
同じ悩むならどうすれば出来るか悩みましょう。

 

なんでもやる!(多くの経験を積む。)

やったことが無い事ほど怖いものはありません。
「失敗したらどうなるのだろう。」「笑われたら嫌だ!」
でも、実際やってみたら大した事ない場合が大半です。
ほかの人にできて自分にできない事はほぼありません。
なんでもやりたい事は失敗を考えないでやったほうが良いです。
大抵何とでもなります。
そして、経験の多さが恐怖を消していき、自信に繋がるのです。

 

自分の得意な事から始める。(失敗は出来るだけ回避する。)

これは結構大事な事です。
自分の短所を改善すれば自身に繋がると考えて、
苦手なことを克服しようとする人がいます。
ただ、苦手なことはやはり失敗しやすいので心が折れてしまいます。
苦手の克服も良いのですが、まず得意分野を伸ばすことを考えましょう。

 

まずは一つの事に集中してみよう。

これも結構多いのですが、色々手を出してみて全てが中途半端になるケースです。
どんな些細なことでも良いので、小さなことに集中して1番になってみましょう。
そこから自信が広がり他も成功するようになります。
最初から多くを見ないことです。

 

自信をなくしたときに見るべき名言

  • 人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか。
  • とりあえず今、ひたむきに自分の為すべきことをやってみることが、確実に自信につながる。
  • 大きな目標を設定し、スケジュールの要所に小さなゴールを設けながら、クリアできるか自分でチェックしていく。その繰り返しで自信がつき、自分で考えて行動できるようになる。
  • 一番いけないことは自分がダメだと思い込むことだよ。
  • 人生に失敗がないと 人生を失敗する。

  • 積極的に仕事をすれば、失敗するのは当たり前
  • 私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ「トーマス・エジソン」