MUSIC

【驚愕】ボロボロの弦1本のギターを弾くジャマイカ人

ブラッシー・ワン・ストリングと言うアーティスト。

もともと、2011年に公開された『RiseUp』と言う、ジャマイカのアンダーグラウンド文化を取り扱ったドキュメンタリー映画で見出だされたミュージシャンです。

彼の最大のポイントはボロボロの弦1本しか張っていないアコースティックギターを使ったパフォーマンスです。

先ずは、この動画を見てください!

凄く無いですか?

すでにギターと言うより、弦1本のみなのでベースとボディーをならすパーカッションとボーカルのみで構成されています。

なのに。。

このグルーヴ感!

先日ラリー・コリエルがアコギだけでひいた動画をアップしましたが、ここまで来ると人間の底力を感じますね。

究極のストリートミュージシャンです!

 

この動画なんかは、ジミヘンを彷彿とさせます!

 

やっぱり、ジミヘン入ってます。

 

なんかこの人の音楽は、生きざまとかが音楽に現れてるように感じます。

世界は広いですね☺

 

少し前に流行ってたらしいのですが、あまりにも驚いたのでアップさせてもらいました。