MOVIE・アニメ

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム 歴代世界興行収入8位!

こんにちは。森井けいすけです。

スパイダーマンの最新作がメガヒットとなり、
2022年1月18日時点で歴代世界興行収入で8位となりました。

スパイダーマン

スパイダーマンの映画は
1970年代にも小規模の映画として
制作されていた。

その後、1990年代に
ジェームズ・キャメロンが監督として
制作を予定されていたが、
制作会社の倒産や技術的な問題で
幾度となく頓挫していた企画でした。。

その後、サム・ライミ監督がやっとこさ
完成させたシリーズが2002年の
「スパーダーマン」なんですね~。

このシリーズは大人気となり、
トビー・マグワイヤ主演で3作つくられます。

4作目も制作予定でしたが、
製作元のソニーと監督のサムライミの
意見の対立で白紙になり、
新しいシリーズとして
アメイジング・スパイダーマンの
シリーズが制作されます。

シリアスな学生青春モノとして
再始動した新シリーズでしたが、
いかんせん評判が良く無く、
2作目迄制作して制作が止まってしまいます。

次作をどうするか悩んでいた
ソニーにアベンジャーズシリーズ等の
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を仕切っていた
ケビン・ファイギと言う人物が
ソニーにユニバースに参加する事を
提案して(当初は揉めたらしいが)
改めてMCUのスパイダーマンが誕生した。
それが、今シリーズの1作目
スパイダーマン・ホームカミング
でした。

で、今回の「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は
3作目で完結編に当たるというわけです。

なぜ、スパーダーマンだけがユニバースに
参加していないかと言うと、
映画の権利がマーベルからソニーに移っているから。

今回の「スパイダーマン」のMCUの連携は
16億ドル突破(1600億円!!)(2022年1月18日時点)
の歴代世界興行興行収入8位と大成功しました。

しかも、まだ全米週間ランキング2位なので
まだまだ伸びそう!!!

6位のジュラシックワールドは
抜くんじゃないかな。

現時点の世界映画興行収入の
ランキング貼っときます。
参考にどうぞ!!

世界映画興行収入トップ10

タイトル 興行収入 公開年
1 アバター
(Avatar)
28.472億ドル 2009
2 アベンジャーズ/エンドゲーム
(Avengers: Endgame)
27.975億ドル 2019
3 タイタニック
(Titanic)
22.016億ドル 1997
4 スター・ウォーズ/フォースの覚醒
(Star Wars: Episode VII – The Force Awakens)
20.695億ドル 2015
5 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
(Avengers: Infinity War)
20.484億ドル 2018
6 ジュラシック・ワールド
(Jurassic World)
16.705億ドル 2015
7 ライオン・キング
(The Lion King)
16.629億ドル 2019
8 スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
(Spider-Man: No Way Home)
16.292億ドル 2021
9 アベンジャーズ
(The Avengers)
15.188億ドル 2012
10 ワイルド・スピード SKY MISSION
(Furious 7)
15.153億ドル 2015

(2022/1/18時点)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。