ブログ

コロナ以降の音楽の未来を勝手に想定してみた。。

こんにちは。

森井けいすけです。

なかなか、コロナ終息しませんな第3波もキッチリきたし。。

ミュージシャンの方はホントに死活問題で大変だと思います。

でも、今まで出来てたことが出来なくなったと言う風にネガティブに考えても仕方ない!( ̄□ ̄;)!!

なんで、音楽の未来を勝手にポジティブに考えてみました。

楽曲が売れない上にライブのできない!どーすりゃいいの問題

ポジティブと言っても、なかなかシビアな状況続いてますね~。

  • CDが売れない。
  • コロナの影響でライブが出来ない。
  • 伴ってグッズ(CDも)も売れない。
  • 出来る事はライブ配信くらい。。でもライブの代替になるかと言うと程遠い。。
  • とりあえずコロナ落ち着くまで待つか。。。

こんな感じになってる人多いと思います。

正直ライブできないと辛いミュージシャン多いですよね。

それに、ライブで結構本気で稼いでいたミュージシャンクラスになると、音楽関係の収入が殆ど無くなってますよね。

代替でYouTubeの広告費かネット配信の投げ銭か。。
といっても、中々辛い所でしょうね。

ライブできなければ、どんな活動があるか

ライブが出来ないとなると、活動はネット中心になるように思います。

  • ライブ配信
  • 楽曲を制作してリリースする
  • SNSでファンと交流する
  • 他のジャンルの人とコラボレーション

大事な事は、「ファンをいかに交流するか」だと思います
そう考えると上記の3点を基盤に、どうすればファンに喜んでもらえるか!を考えるのがベストかと思います。

「発信」と「交流」これがキーワードではないかと思います。
これは、ライブできていた時も同じだったかと思いますけど、よりこまめで業種に囚われない交流が必要になるのではないかと思います。それも無料のプラットフォームで。

自分の小さい脳みそで考えてみると。

  • 毎週時間を決めてライブ配信
  • SNSとブログで、こまめにファンと交流
  • 楽曲を制作してこまめ(月1に1曲以上)にリリース。しかも無料のプラットフォーム(YouTube等)で。
  • オリジナル曲あれば、「歌ってみた」しているユーチューバーに歌ってもらえないかアピール
  • 違うジャンルの人とYouTubeでコラボレーション。

ここらへんかと思います。
しかも、出来るだけ無料で実施してファンを増やしておく必要があるんじゃないかと。
とにかく、自分のアカウントを強くしておく必要があると思います。

正直、やっている人はやってますし、やっている人は伸びているようにも思います。

誰かが、「これからは神の経済だよ」って言ってました。
無料でとにかくサービスを提供して、気が付けば大きな収入を得ているという考え方らしいです。

なんせネット何で上手くいけば日本だけでなく海外にもファンを作ることも出来ますからね。

これから時代は、こういった考え方が必要だと思います。

最終、有料のライブやファンコミュニティに来てもらう事も出来ますから。
どう展開するかは難しいと思いますが、やり方は無限だと思います。

占星術の世界でも今の状況が予言されていた

たまたまかもしれませんが、占星術で2020年12月22日から「風の時代」という240年に1度の大きな時代の転換期が来るそうです。

「風の時代」は情報発信と共有の時代と言われているそうです。
価値観がお金や土地の様な物質的な価値観から、情報共有のような情報に価値観が映るらしいのです。
またこれから240年間この時代が続くと言われてます。

そう考えても、この考え方は的を得てるんじゃないかな~って自分的におもいます。

皆さんどうでしょうか?