BOOM BOOM SATELLITES

BOOM BOOM SATELLITESはボーカル・ギターの川島道行とベース・プログラミングの中野雅之からなる日本に存在したロックユニットです。
活動期間は1997年から2017年まで。
彼らの音楽の特徴は、ロックとテクノを融合している事。
ロックとテクノと言っても、歌謡曲にギターの入ったテクノを聴かせているのでは無く、ロックに傾倒したテクノという表現が正しいのかもしれません。
そんな音楽性からか、日本より海外でブレイクしました。
新生バットマン「ダークナイト」のサントラでも彼らの曲を聴くことができます。
そんな彼ら。順風満帆かと思いきや、ボーカルの川島道行が脳腫瘍に犯されてしまします。
余命数年を音楽につぎ込み、2017年の帰らぬ人となってしまいます。
亡くなった当初は自分も大ファンだったのでショックで信じることが出来ない状態でした。
しかし、今だからこそ彼らの偉大な曲を改めて聴くことができる様になりました。
そして改めて聞いて、最後に発表したアルバムの曲が物凄くキラキラ輝いいた事の驚かされました。
そう。彼らは最後の最後まで輝き続けていたのです。
そんな、中から是非とも聞いていただきたい曲をピックアップしました。

 

LAY YOUR HANDS ON ME

このPVに出演しているのは、川島道行の愛娘です。
最後になるであろう父である川島道行とのコラボレーションです。

 

A HUNDRED SUNS

 

BACK ON MY FEET

少し前の曲ですが、すごくロックを感じる曲です。

 

NINE

 

活動停止のニュース

涙がでますね。
活動停止を特殊したNEWS ZEROのニュースです。

 

川島道行が亡くなったあと少し置いて、中野雅之がBOOM BOOM SATELLITESを締めくくっていました。
これらの動画をみると、彼らがどれだけ音楽を愛していたかが分かります。
そして、最後に最後に収録した曲の動画を紹介します。
すでに、音程もまともに取れなくなっていた川島道行の最後の叫びです。

STARS AND CLOUDS