音楽業界がCD売上の大不振の代わりにライブ(フェス)の売り上げが好調であると言う記事を何度か書いたことがあります。
YouTubeなどの出現により「モノ」から「コト」に価値が移譲した結果と言えます。

その傾向は映画業界でも顕著で、3Dや4DXの登場により映画館で映画をみるコトへの価値が上がった事により、映画の売り上げが好調です。

 

歴代映画興行収入ランキング

タイトル世界興業収益
制作費公開年配給(スタジオ
)
アバター2787965087237000000200920世紀FOX
タイタニック2186772302286000000199720世紀FOX
スター・ウォーズ/フォースの覚醒20623463602000000002015ディズニー
ジュラシック・ワールド16689849261500000002015ユニバーサル
アベンジャーズ15195579102200000002012ディズニー
ワイルド・スピード SKY MISSION15150476711900000002015ユニバーサル
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン14050357672500000002015ディズニー
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART213415112192500000002011ワーナー
アナと雪の女王12798526931500000002013ディズニー
美女と野獣12635211261600000002017ディズニー
ワイルド・スピード ICE BREAK12388526932500000002017ユニバーサル
アイアンマン312154399942000000002013ディズニー
ミニオンズ1157275017740000002015ユニバーサル
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ11533940792500000002016ディズニー
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン11237940791950000002011パラマウント
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還1119929521940000002003ニューライン
007 スカイフォール11085610132000000002012ソニー
トランスフォーマー/ロストエイジ11040390762100000002014パラマウント
ダークナイト ライジング10844390992500000002012ワーナー
トイ・ストーリー310631719112000000002010ディズニー
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト10661797252250000002006ディズニー
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー10561797252000000002016ディズニー
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉10438718024100000002011ディズニー
怪盗グルーのミニオン大脱走10304232002017ユニバーサル
ジュラシック・パーク1029153882630000001993ユニバーサル
ファインディング・ドリー10286446772000000002016ディズニー
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス1027044677115000000199920世紀FOX
アリス・イン・ワンダーランド10254671102000000002010ディズニー
ズートピア10238035681500000002016ディズニー
ホビット 思いがけない冒険1017003568180000002012ワーナー
ダークナイト10045584441850000002008ワーナー
ハリー・ポッターと賢者の石9747553711250000002001ワーナー
怪盗グルーのミニオン危機一発970761885760000002013ユニバーサル
ライオン・キング987483777450000001994ディズニー
ジャングル・ブック9666204251750000002007ディズニー
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド9634204253000000002007ディズニー
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART19602833052500000002010ワーナー
ホビット 竜に奪われた王国9603668552250000002013ワーナー
ホビット 決戦のゆくえ9551197882500000002014ワーナー
ファインディング・ニモ93674326194000002003ディズニー
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団9398859291500000002007ワーナー
ハリー・ポッターと謎のプリンス9344164872500000002009ワーナー
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔926047111940000002002ニューライン
シュレック2919838758750000002004ドリームワークス
ハリー・ポッターと炎のゴブレット8969110781500000002005ワーナー
スパイダーマン38908716262580000002007ソニー
アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの88668681790000000200920世紀FOX
007 スペクター8806143603000000002015ソニー
スパイダーマン:ホームカミング8798854071750000002017ディズニー
ハリー・ポッターと秘密の部屋8789796341000000002002ワーナー

 

近年のヒット作から見える傾向

この表を見ても2010年以降に公開された映画が7割以上と年々歴史的ヒット作が発表されている事がわかります。
また、この一覧を見てある傾向があるとみえます。それは、、

  • シリーズものが多くを占めている。
  • CGアニメーションの躍進
  • 2000年代はワーナー、2010代はディズニーの圧勝!

シリーズものが好調という事もあるが、ヒットすればシリーズ化する傾向にあるという事。
当然といえば当然の流れだが、以前はシリーズ化しても3作くらいまでが多かったが、最近ではマーベルユニバースなどの様に作品を超えた連携が増えてきたとみえます。
シリーズ化を多く成功出来るかどうかがハリウッドメジャースタジオの勢力図にも大きく影響を与えました。

  • ディズニー:マーベル系、ピクサー、スター・ウォーズ(エピソード7以降)、パイレーツ・オブ・カリビアン
  • ユニバーサル:ミニオン、ジュラシック・パーク
  • ワーナー:ハリー・ポッター、バットマン、ホビット
  • 20世紀FOX:X-MEN、ダイ・ハード
  • ソニー:007、スパイダーマン
  • パラマウント:トランスフォーマー

2000年代はハリーポッターやダークナイトシリーズがヒットしていた為、ワーナーが他のメジャースタジオを1歩リードしていた感がありましたが、2010年以降に入ると、ディズニーが大きくリードしています。
(因みに1990年頃はスピルバーグ作品を多く配給していたユニバーサルの圧勝)
ここ数年はミニオンやジュラシックワールドのヒットでまたユニバーサルが巻き返して来ていましたが、数日前大きなニュースが飛び込んできました。

 

ディズニーが20世紀FOXを買収!

先に書いた通り、ハリウッドにメジャースタジオと呼ばれる大手の映画会社が6社あります。
ユニバーサル・パラマウント・ソニー(コロムビア)・ディズニー・20世紀FOX・ワーナーがそれに当たります。
その6社でハリウッド映画の86%のシェアを持っています。

  • ディズニー :26.3%
  • ワーナー  :16.7%
  • 20世紀FOX    :12.9%
  • ユニバーサル:12.4%
  • ソニー   :8.0%
  • パラマウント:7.7%

その6大スタジオ同士で超大型買収が成立されたとのことです。
それは、業界1位のディズニーが3位の20世紀FOXを買収したとのことです。

 

20世紀FOXってどんなスタジオ?

20世紀FOXと言えば、「タイタニック」や「アバター」などのキャメロン作品や、「エイリアン」「ダイ・ハード」「X-MEN」などの大作を持っている映画会社。古くは「猿の惑星」や「サウンド・オブ・ミュージック」旧スター・ウォーズ作(ジョージ・ルーカス時代)の大企業です。
映画をあまり知らない人でもこのオープニングを見れば知らない人はいないのでは無いかと思います。

 

元々ディズニーが2010年以降大成功を収めたのは、M&Aを繰り返してきた事も要因にあります。

「ピクサー」に始まり、「マーベルコミック」、スターウォーズの「ルーカスフイルム」。
近年のヒット作はM&Aした企業のシリーズ物で成り立っています。
そして今回は20世紀FOXの買収。
最近はヒット作が中々でなくて株価の下落も報道されていたFOXですが、企業としてはディズニーに匹敵する大企業。今回の買収劇も同レベルの企業同士です。

正直昔からの映画ファンにとっては少しショッキングなニュースでした。

M&Aを繰り返してヒットの基盤を作り上げたディズニー。
当面はディズニーの一人勝ちが続くと思われますが、栄枯盛衰。
また思わぬ大編成があるかもしれません。