今年12月にスターウォーズの新作映画「最後のジェダイ」が公開されます。昨年も「ローグ・ワン」のタイトルでスピンオフが公開されましたが、今回は本流の「フォースの覚醒」からの直接の続編となります。

今回の監督に抜擢されたのは、ライアン・ジョンソン監督。今までインディーズ映画を中心に作成してきた監督です。

前作『LOOPER/ルーパー』が高評価であったことから、今回の第抜擢に繋がったようです。

今回はそんな『LOOPER/ルーパー』を見てみました。

 

LOOPER/ルーパー

ジンル:SFスリラー

監督:ライアン・ジョンソン

出演:ブルース・ウィルス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット 他

上映時間:119分

【あらすじ】

2044年のカンザス州が舞台。

主人公のジョーは未来の犯罪組織の依頼で過去にタイム・トラベルしてくる標的を処理する殺し屋「ルーパー」。

しかしある依頼で処理することになったのは、30年後の未来からやってきた自分自身だった。

なぜ、未来から自分が送られてきたのか?

 

 

実際の、ラストまで展開が全く読めない映画で、脚本の素晴らしさも際立ってます。

制作費も3,000万ドルとハリウッドにしては低予算ですが、逆に良い意味でのB級感があり、良い感じに仕上がってます。

また、脚本以上に映画の空気感が良く、身始めたら最後まで一気に見てしまう迫力もあります。

流石スターウォーズの監督に抜擢されたのも頷けます。

 

レンタルビデオ屋さんで、どのDVDを借りようか迷ったら是非ともこのLOOPER/ルーパーを借りて見てください🎵