ブログ

久しぶりにジャズコーラスとマーシャルのアンプ使って思った事

こんにちは。
森井けいすけです。

先日、久~しぶりにスタジオに入りました。
かれこれ1年ぶり(;^_^A

ギター弾くけどDAWメインで活動してるからスタジオに入る事が無いんですよね。

因みに何をし行ったかと言うと、8歳の次男がドラム興味あるってのでドラム経験者の実の弟つれてスタジオに行ってきました。

仕込んで貰いに行ったと言うよりお遊びで。

実際叩いてみたら最初音のデカさにびっくりしてたけど、中々筋が良い。
本人も楽しいって言ってたから続けてみようかな?

で、せっかくスタジオに入ったので、ギター(レスポール君)も久しぶりに爆音で鳴らしてました。

ヤッパリスタジオで実際に弾くと気持ちいいですね。

アンプは最初はジャズコーラスJC-120。
次にマーシャルJCM900で弾きました。

どっちもスタジオに定番でおいているアンプだけど、かたやトランジスタ。もう一方は真空管。
元々はマーシャルばかり使ってたんですが、改めてジャズコーラスも使ってみました。
実際音の違いは以前から知ってるわけですが、昔使ってた印象と大分変りました。

ちょっとその時の感想書いてみたいと思います。

ジャズコーラスとマーシャル

結果的に一番感じたのは『ジャズコーラス良いやん!』って事。

今回も音はマーシャルの方が良かった様に思いました。
やっぱり歪みが自然と言うか、クリーン含めて立体的な音に感じました。
これはやっぱり真空管の影響かなとは思います。

それに比べてジャズコーラスは少し硬い音に感じる。。
少し平面的な音と言うか、デジタルの音っぽいと言うか。
でも、エフェクターで作り込んだ音はマーシャルより自然に出たように思います。
家でDAW(PC)で聴いていた時の音と同じ音が鳴った。

それに比べてマーシャルは少し”もったり”した感じ。
調整すれば良い音になるのかもしれないけど、家で作り込んだ音をそのまま出したい時はジャズコーラスの方が良いのかなと思いました。

そもそも、真空管は結構コンディションによって音のバラツキが激しいって聞くし。
何処に行っても同じ音を出したい宅録(DTM)人間にはジャズコーラスの方が安心するかなと。

それに、ジャズコーラスも純粋に良い音するなって思ったし。
1人でギター弾く分にはマーシャルで良いと思うけど、ライブとかだとジャズコーラスの方が調整しやすい様にも思いました。

なので、たぶん今後はジャズコーラス使うんじゃないかな。

まあ、1年ぶりにスタジオ入った程度の人間なんで、それぞれのアンプの使い方も分かってないのも有ると思うけど(;^_^A

まあ、何が言いたいかと言うと『自分の中でのジャズコーラス株が上がった!』って話です。

では。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。