ミュージック

レッチリ新曲「BlackSummer」素直な感想

こんにちは。
森井けいすけです。

少し遅くなりましたが
レッチリの新曲「BlackSummer」聴きました。

配信と同時にYouTubeにもMVアップされてました。

ギタリストのジョン・フルシアンテが
2006年のアルバム「ステイディアム・アーケイディアム」以来
15年振りに復帰したので期待MAXでの登場!

聞いてみた個人的な率直な感想を書きます!

新曲「BlackSummer」聴いた感想

1:イントロはジョンの枯れたギターカッコ良すぎた

イントロは数日前にもツイッターにアップされてた
ジョンの枯れたギターリフから始まる。
これがカッコ良かった。


ってか、いかにもジョン・フルシアンテって音。
トーンでジョン・フルシアンテって分かるって
やっぱ凄いギタリストですわ。

2:メロウなAメロ。普通に名曲。

イントロ後のAメロは正直今までの曲の中でも
トップレベルで好きかも。

今作は、ギターのジョンだけでなく、
プロデューサーもリック・ルービンが
復活してます。
その影響もサウンドに表れてると思います。

リック・ルービンは米音楽業界では
偉大なプロデューサーで、
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンやメタリカ
リンキンパークなどのロックアーティストから
エミネムやカニエ・ウエストといったラッパー
の代表作をプロデュースした偉人。

グルと呼ばれて尊敬されてます。
レッチリも過去にカリフォルニアケイション以降
I’m with Youまでプロデュースされてました。

彼の特徴は、技術的な部分に意見するのではなく
完成版が良いか悪いかだけ判断するみたいです。
ただ、彼が良いと判断したアルバムは
軒並みヒットして売るから
音楽的なセンスが以上に優れてるんでしょう。

3:サビはインパクト薄い。。

ここだけが今回の曲の中でネック。。
サビが弱い。。
ってか、悪く無いけど普通でした。

そこまでの流れが良すぎたから
余計に弱く感じるのかも。。

4:ギターソロは最強

ギターソロは流石に最強です。
ジョン・フルシアンテ爆発してます。

ストラトキャスターでこんな太い音出せるんか!
ってくらいブットい音してます。
たしかマーシャルのEQのセッティングが
トレブルとMIDが0でBASSが10らしいから。。

でも、本当にジョンのソロはカッコいい。
レスポール使いとしては
ストラト羨ましいなって思います。

総評

サビは弱いけど
全体的にかなりカッコいい曲です。

自分も何回も聴きました。
スルメ曲かも知れません。

ダニー・カリフォルニアも
最初は違和感バリバリあったから。。

それとアルバムが4月1日に発売されるという事。
17曲入りのアルバムらしいです。

とにかく楽しみです!!

では!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。