ブロックチェーンてなに?

最近ブロックチェーンという言葉をよく聞くようになりました。
仕組みについては「情報をブロック単位で複数のパソコン(デバイス)で保持し、各ブロックが鎖のように繋がっていく仕組みのこと。」です。
要は仮想通貨の取引データがブロック単位で保管されます。1つのブロックデータは世界各地の複数のパソコンに同時に保管され整合性をとり整合性のない不整合のデータが出ると多いデータを正とみなして修正されます。各ブロックは鎖のように他のブロックとつながっていくという仕組みです。
インターネットで改ざんが難しいデータの仕組みが出来たことにより、いままで信用の問題で銀行やクレジット会社などのサーバーを通してしか店への入金や送金ができなかったのが、各個人毎で直接できる様になりました。
これが、革命的技術といわれるゆえんです。
インターネットが登場したとき以上の変化をもたらすと言われています。
個人毎で送金や決済が出来る様になれば、手数料が安くで済みますし、時間もかかりません。
例えば、ネットで服を買いました。今までは銀行口座を介してかクレジット会社経由で決済していましたが、直接店に入金出来る様になります。

 

 

ブロックチェーンで社会がどのように変わるか

ブロックチェーンがインターネット以上に私たちの暮らしを変えると言われていますが、どの様に変わると予測されているのでしょう。

  • 安心して個人間の取引が出来る様になり、企業を介さなくても良くなる。(組織より個人)
  • CtoCが加速することにより、働き方自体がかわる。(会社よりプロジェクト単位で仕事をすることになる可能性がある。)
  • 決済は仮想通貨となる。仮想通貨はどこの国にも属さないので税金がかからなくなる。
    (円やドルなど既存の通貨が仮想通貨に流出することで、国の力がいままでより弱くなる。)
  • IoTと連動し自動的に決済される。(冷蔵庫に食材が無くなると自動で発注され、仮想通貨で支払われるなど。)
  • 株式以外にICOにより資金調達が可能になる。(実際に現在も行われています。)

おそらくこれら以上に思わぬ所で影響が出ると思います。
最近2018年に入って以降、ビットコインの暴落やコインチェックの不正流出問題など出てきていますが、これからも仮想通貨やブロックチェーンは加速する事となると思います。