音楽

ギタリストのエフェクター

エレキギターを弾く人で、バンドで色々な曲をコピーしだして思うこと。

 

『どーやったら、あんな音が出るの?』

 

『頭のなかで思い浮かべる音が出ない!』

 

思ったようなサウンドにするのは本当に難しいです。

 

ギターの種類にもよるし、アンプ、エフェクターにもよる。細かく言うとピックの当てる角度にもよるし、同機種のギターでも個体差にもよる。

結局のところ、やってみないと分からないので、こだわる人は時間をかけて自分の音を試行錯誤して作って行くものだと思います。

昔はギター雑誌でギタリストのエフェクター特集とかやってましたが、最近ではYouTubeでエフェクターをどの設定するかの動画がアップされてます。

雑誌も良いですが動画で見ると分かりやすいです。

 

 

 

 

 

とはいえ、ジミー・ペイジがレスポールを弾こうがテレキャスターを弾こうが良くにた魅力的なサウンドを出しているのを見ると、機材より、人そのものが音を出してるんだなと思いますし、それが音楽やアートの面白さなんだろうなと思います。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。