時代もここまで来たか!凄すぎる韓国の小学生の課外授業

いやぁ。
本当にビックリする動画を見つけました。
韓国の小学生(10歳から11歳)がある有名バンドのカバーを公開していたのですが、その選曲が余りにも余りにもセンス良すぎます。
カバーしていた曲は、

ダフト・パンクのSomething about us

ダフト・パンクの中でも有名な曲なので結構している人は多いのではないでしょうか。
この曲を10歳から11歳の子供がカバーしています。
その動画がこちらです。

カバーしたのは韓国ナムソン小学校の小学4年生。
小学校の担当の先生がYouTubeにアップした動画でテレビ的に。。とかは一切ありません。
というか、バンドするにあたって、サンプラーやボコーダーを使用するという発想自体が斬新。
普通はピアノ・ドラム・ベース・ギター・生歌といった所でしょう。
時代ですね。学校にMIDIコントローラーがあること自体羨ましすぎる。。
韓国はそこら辺柔軟に対応しているのでしょうか。
そして、何よりクオリティーが高すぎます。

 

ダフト・パンクのSomething about us

ダフト・パンクのSomething about usは2001年に発表された楽曲です。
個人的にも大好きな楽曲なのでこの曲を選曲すること自体神。
以前もブログで紹介したことがありました。

 

使用機材も渋すぎ

上でも書いたとおり小学生が使用するとは思えないくらいEDM機材が並んでます。
まずMIDIコントローラーののAKAIのMPD218とMPD18。
これを使用してフィンガードラムを披露しています。
そしてボコーダー。
大人顔負けの機材がずらりと並びます。

 

その他の動画

その他の動画としてDJokawariさんのFlower danceカバーを紹介しておきたいと思います。

なんか近未来を見ているようで少し感心しました。
これから、小学生の演奏にもMIDIコントローラーを弾くことが当たり前になるかもしれませんね。