ブログ

ビットコイン エルサルバドルの法定通貨へ

2021年9月7日。

歴史的な日になるかもしれません。。

南米のエルサルバドルで暗号通貨の“ビットコイン”が世界初の法定通貨となりました。

今までは投機目的だけで注目を集めてきたビットコイン。
「億り人」という言葉も話題になった通り、変動率の激しさでギャンブル的な投資の話題が先行していたイメージでどうしても「怪しい」といったイメージが先走っていた様に思いますが、一国の法定通貨となったことで流れが変わるかもしれません。

では、どうしてエルサルバドルでビットコインが法定通貨となったのか。

元々、エルサルバドルでは“サルバドール・コロン”という自国の法定通貨が流通していましたが、通貨として安定しかなった為2000年初頭より”米国ドル”が法定通貨となっていた。

2021年6月5日にブケレ大統領はビットコインを法定通貨とすることを表明した。
(引き続き米国ドルも法定通貨として利用可能)

理由は、

  • 送金手数料が安い為、送金コスト削減が見込める為
  • 国民の7割が銀行口座を持っていない為

エルサルバドルではアメリカへの出稼ぎ労働者が多く、GDPの約2割が出稼ぎでの送金となっている為、送金手数料の安いビットコインを法定通貨として利用する事となった。

また、国民の7割が銀行口座を持っていないので、スマホアプリで決済できるビットコインが採用さる事となった。実際、エルサルバドルは専用アプリ「CHIVO」を作りサービスを開始し経済の成長に繋げたい意向があるとの事。

しかし、実際国民の約7割がビットコインの法定通貨化へ反対する動きがある為、今後ビットコインが激しく値動きする可能性もあります。
国民の反対の理由は、その値動きの激しさで懸念がある為。
その為、米国ドルを法定通貨にしておいた方が良いという国民が多いようです。

事実、開始の9月7日にはビットコインが激しく値動きしました。

しかし、ただ単純な「送金手数料の削減」以外に、個人的には歴史を変える転換期になる可能性があると感じてます。

暗号通貨によってエルサルバドルが大幅に飛躍する可能性

元々、「ブロックチェーンは価値のインターネット」と言われていて、インターネット登場時以上に世界の貨幣や価値の概念を大きく変える技術として注目を浴びてきました。

最近ではNTFなどが注目を浴びつつありますが、どうしても投機目的の印象が強くまた価格が安定しない事為、「怪しい」と言う印象がぬぐえません。

ただブロックチェーン及び暗号通貨は

  • 中央集権的な仕組みでない点
  • 個人でもトークン(貨幣)を発行できる点
  • NTFでデジタル資産の管理が出来るようになる点

を見ても、貨幣経済の概念を大幅に変える事の出来る技術なのは間違いありません。
(具体例があまりないので実感できないと思うけど。。)

エルサルバドルが暗号資産を法定通貨としたのは元々自国の通貨が安定通貨でなかった為。

他の貧困国も同じ流れが広がれば、現在貧困国とされている国々で暗号資産(ブロックチェーン)先進国となる可能性を秘めていると思います。

日本をはじめ、安定通貨を使用している現在の先進国では中々暗号通貨が投機以外で受け入れられ難い為、今後現在貧困国と言われている国で大きな革新があるように思います。

まとめ

個人的に、本当に今回の出来事は歴史に残る第一歩だったように思います。

上記の通り日本やアメリカ、中国などある程度貨幣経済が安定している国々で暗号通貨やブロックチェーンの概念が浸透するのは難しいと思います。
だって貨幣経済で安定して運用できているから。

でも、現在貨幣経済が破綻している様な国々で暗号通貨の導入が進めば、そういった国々から新しい概念が始まり、暗号通貨(ブロックチェーン)先進国となる可能性があるので、開始直後ブロックチェーンが安定しないとか微々たる事のように思います。

本当に、今後超注目です!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。